『老い』

 

若い頃、

大人って怖いと感じていました

 

 

知らないこと分からないこと

できないことも多かった

 

 

 

だんだん大人になって

四十歳を目前にするころには

 

 

 

一通り経験して

ほぼなんでもできるようになり

 

 

 

同世代がいい大人に見えたとき

怖いことはなくなりました

 

 

もう若くはないと自覚したとたん

老いを感じています☆

 

 

 

気持ちとは裏腹に

体が付いていかない

 

 

 

うすうす感じてはいたけれど

気のせいかと思ってたけど

決定的に

感じてしまった

 

 

 

『老い』

 

 

 

 

大人の階段は長い

登りきったつもりだったのは

青年の階


f:id:mihomoriyama:20190304000745j:image

老いることをポジティブにとらえよう|ライフコラム|NIKKEI STYLE

 

先には

中年の階が待っていました

その先には

シニアの階もあるな

 

 

 

今までは一つづつ

できることが増えてきたけど

 

今度は一つづつ

出来ないことが増えていく

 

 

 

なんでもできる顔して

できるようになることを

当たり前のように

通りすぎてきたから

 

 

今度はゆっくり

味わって

できなくなることを受け入れていけるなら

心は豊かになるでしょう

 

 

 

老いていくのも

楽しみです

 

 

老化も進化

老いていくのも成長してるってこと

 

 

上記リンク先から引用

世界中のさまざまな文化が「老い」から「死」へのプロセスをポジティブにとらえています。日本の神道では、「老い」とは人が神に近づく状態です。神への最短距離にいる人間のことを「翁(おきな)」と呼びます。また7歳以下の子どもは「童」と呼ばれ、神の子とされます。つまり、人生の両端にあたる高齢者と子どもが神に近く、そのあいだが人間の時代となります。ですから神道では、神に近づく「老い」は価値を持っており、高齢者はいつでも尊敬される存在であるといえます。

 

 

 

どう老いていくかが

真価を決める

 

 

老いることを

素直に受け入れることから

はじめようと思います☆

 

 

 

整えるということ ♡1♡

f:id:mihomoriyama:20190220194144j:image

 

私たちはそれぞれ

『カラダ』を持っています

 

 

カラダは私たちを入れる『入れ物』です

 

 

手があり足があり

自分の意志ではもちろん

無意識下においても

私たちの思い通りに

カラダを動かすことができます

 

 

自分で操れるので

ついついカラダは自分そのものだと思いがちですが

それは違います

 

 

カラダは私たちが入っている大切な『入れ物』なんです

 

 

カラダが壊れたら

私たちは活動できなくなってしまう

 

だから

大切に扱わなければいけないし

手入れをしてあげないといけない

 

 

楽器や機械と変わりありません

ピアノや時計やミシンと同じです

 

 

必ずメンテナンスが必要です


f:id:mihomoriyama:20190220210256j:image

 

 

キレイで少しでも長く正常に動いていてほしいから(*´▽`*)

 

 

 

カラダも一緒なんです

カラダって勝手に動いてるわけじゃないですよ

ちゃんとメンテナンスしてあげないと壊れてしまいます

 

 

自分とカラダを別けて考えると

カラダにとってどうしてあげるといいのか見えてきます

 

 

「めんどくさい」とか

「そんなことできない」とか

 

 

感情はひとまず置いておいて

 

 

何をするとカラダが喜ぶのか

考えてみることって大切だなーって

思います(*´∇`*)

 

 

ちゃんと耳を傾けると

カラダはけっこうおしゃべりで

かなり主張してきます

 

 

みんな本当は気づいてるけど

カラダの主張を無視しがち☆

 

 

 

機械と違うのは

ココロと連動しているところ

 

 

ココロの健やかさがカラダにも影響を及ぼすし

カラダの健やかさもまたココロに影響している 

 

 

 

カラダのメンテナンスと

ココロのメンテナンスはセットですね

 

 

 

 

少しでも健やかにキレイでいたいなら

ココロとカラダを整えておくことはとても大切なこと!

 

 

 

やっぱりね、思うんです、、

自分のことを良くしてあげられるのはのは

自分しかいないって☆

 

 

 

自分を整えていくことは

自分でしかできない

 

 

 

ココロは見えないから

まずはカラダから

整えていきましょう♡

 

tone-care.com

ジェルネイルと自爪美の葛藤。『飾る』から『整える』へ。

 

他店のジェルをオフすることもありますが、

最近のネイルサロンはジェルをかなり厚く乗せる傾向にありますね(´・ω・`)

 

 

自爪LOVE、シンプルネイル、ナチュラル派の私としては、

正直、あんなに厚くのせる必要あるのかなーって思うんですよね

 

 

ジェルを厚く乗せるのにはワケがあります

①地爪が揺れず固定されるので持ちがいい

②厚みがあるほうがパーツの埋め込みやデザインの幅も広がる

③地爪のガタつきもカバーされるので仕上がりのムラが少ない

 

なので、

・仕事柄ハードな水仕事をする

・ジェルをし続けるつもりだ

・4週間以上はつけっぱなしにしていたい

・どうしてもやりたいデザインがある

 

ときには向いています(^-^)

 

 

 

自爪LOVE、シンプルネイル、ナチュラル派の私としては、

正直、あんなに厚く乗せる必要あるのかなーって思うんです( ´•ω•` )

 

 

『長持ちする爪に優しいジェル』

というのはありません

物理的に反することを言っています

 

 

『寝ながら筋肉をつけたい』

『食べて痩せたい』

 と同じこと

 

 

ジェルが長く爪の上に乗っているということは

それだけ爪とジェルが密着しているということ

 

 

密着しているということは

オフのときに相当な負担がかかります

比喩ですが、爪の皮が一枚はがされる感じです

 

 

だから、最近はオフをせず

フィルインといって表面のデザインだけを削り取り

上に足していくスタイルが多いのですが

 

 

そうすると、

もうジェルを外せなくなっちゃう

 

 

ジェルで地爪が薄くなったと感じたことがある人なら

外せなくなってしまう感じ分かると思います

自爪でいることが不安になる

 

 

 

私もそうでした

ジェルをする目的が

「楽しみのため」じゃなくて

「爪が薄くてはずせないから」になったときは

ネイル辞めようと思いました

 

 

 

地爪でいられないって

不自然じゃないですか?

 

 

私は、

思うんです。

 

爪を飾ることと

手がキレイであることは

別ものだって。



f:id:mihomoriyama:20190130093338j:image

f:id:mihomoriyama:20190130093052j:plain

手がかけられたものは

人を魅了する♡

 

 

手入れがされている手は

ワンカラーでも十分美しい

 

 

 

 

伸びてきて

爪の真ん中に

こんもり厚く乗せられたジェルがある

それ美しいですか?

 

 

 

それなら

何も塗ってなくても

手入れがきちんとされている手のほうが

よっぽど健やかで気持ちいい

 


f:id:mihomoriyama:20190130092943j:image


f:id:mihomoriyama:20190130104718j:image

 

『飾る』ではなく

『整える』という目線で

 

 

 

爪に優しく

もっと自然に

もっとナチュラルに

ネイルを楽しみたい

 

f:id:mihomoriyama:20190130094327j:plain

f:id:mihomoriyama:20190130104944j:plain


 

そして、

ときには爪をしっかり休ませて

スッピンの爪も愛してほしいと思います(*´∇`*)

 

 

健やかで活力ある美しさを

目指していきたいですね✨

 

 

tone-care.com

寄り添うという優しさ

 

先日、後輩と飲みに行きました

彼女は用事があったのか先に帰ってしまいました

 

私は一人残されました。。

 

 

でもその日は

なんだか寂しくて

家に帰りたくなかったんです

そういう日もあります☆

 

 

閉店してからも

「まだ飲む!」ってだだこねて

店主をさんざん付き合わせました

 

 

店主は眠くて眠くて

イスから転げ落ちそうになりながらも

付き合ってくれました

 

 

帰れとも言わず

ときおり

とるに足らない話をしながら

彼はただ

酔っ払っていく私を

見守っていてくれました

 

 

寄り添うことが

こんなにも有難いことだとは

知らなかった☆

 

 

 

私ですね、

想いが強くなるときに、、

すごい熱とすごい圧を持つ癖があります(^-^;)

 

 

基本的には静かでおとなしいんですけど

実はけっこう情熱的なので

火が入ると熱量がすごくて

圧高めになります

 

 

仕事でお客さんに対しても、

子供にも、

家族にも、

友達にも、

好きな人にも、

 

 

何か伝えたい想いがあるとき

ものすごい熱と圧を自分の中に感じます(^-^;)

 

 

励まして

気持ちを切り替えて

前を向かせようとしちゃうんです

 

 

心の中では

あぁあ~" またやっちゃってる~💦

って思ってたんですけど

どうすればいいか解らなかった

 

 

大切だと思うからこそ

熱くなるし

良くしたいと思うからこそ

圧が上がってく

 

 

「できるよ。大丈夫」

「一緒に頑張ろ!」

「応援してるからね」

 

 

励ましてばっかりだったなって

反省しました

 

 

 

 

寄り添うってことを

全く意識してなかった

 

 

 

寄り添うっていう優しさを

意識したことがなかったかもしれません

 

 

 

励まさない

急かさない

ただ寄り添う

 

 

 

全然解ってなかった

そこにある大切なもののこと

 

 

 

 

後日、

近くまで寄ったので

店主にタバコを差し入れに行きました☆

 

 

「このあいだは、遅くまですみませんでした。お陰で気がすみました。ありがとう」

 

 

彼はとても人見知りなので

毎回、

毎回です、

ファーストコンタクトはよそよそしいんです笑

 

「全然、大丈夫よー」って

はにかんで笑ってくれました

 

 

 

あの小さい店に

たくさんの人が集まる理由が

わかる気がしました☆

また寄らせてもらいます


f:id:mihomoriyama:20190112090514j:image

 

自分の『ココロ』に従う

 

アンパンマンの歌の歌詞に

 

『♪なにが君のしあわせ?

        なにをしてよろこぶ?

        わからないままおわる

        そんなのはイヤだ』

 

っていう一節がありますが、

本当にそうだなーって思うんですよね(*´∇`*)

さすが、アンパンマン

 

 

幼少期は自分のココロのままに行動していました

そのうち

これはこうしましょう

あれはああしましょう

って教わって

 

そのうち

それはしないほうがいい

あれはああするべきだ

なんて見聞きして

 

そして

いつのまにか

普通はこうするもんだ

普通はそんなことしない

って言うようになる。。

 

普通…。

それって誰の意見なの??

自分のココロが見えなくなってしまってる。。

 

 

やっぱり、

そんなのイヤだな☆

 

頭で考えたことじゃなくて

感情的に捉えたものでもなくて

ココロで感じたことを大切にしたい

 

それが私の幸せで

それが私の喜びになる

 

 

ココロで感じたことを大切にって

言葉にすると簡単だけど

けっこう勇気のいること

 

自分と向き合っていくって

逃げたくなるくらいツラいし

すごく時間がかかることだと思う

 

 

でも、

やる価値はある(*´∇`*)

一生かかってもいいんじゃない?

自分の幸せと喜びを知らないで終る

そんなのはイヤだ

 

 

自分を生きよう!

私、

応援しています٩(*´︶`*)۶♬

 

 

 

と、いうことで

今回はクールな黒ネイル☆


f:id:mihomoriyama:20190107082038j:image

 

 

黒は自分を強くしてくれる色♡

 

 

もっと強く

 

そして

もっと優しく

 

 

tone-care.com

明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます

 

昨年はたくさんの方にご愛顧いただき

有り難く嬉しい限りです(*´▽`*)

 

今年も皆様のお手元、お足元に

キレイと元気とウキウキをお届けできるよう

精進してまいります!!

 

本年も変わらぬご愛顧のほど

よろしくお願い申し上げます♡

 

そして、皆様にとって

最高にハッピーな一年になりますよう

願っております

 

 

今年はですね、

以前から勉強したかった「体」について

学びを深めたいと思っております!

足元を整えると体が変わるということを

皆様にお伝えするべく

もっと頑張らねば(๑•̀ㅂ•́)و✧

 いつまでも健康で

いつまでも美しくありたい

だって、女ですから♡

足は体の土台なので

見直すことでメリットがいっぱいなんですよ♪

 

体を足からの目線で見る

一つのメソッドを完成させたい!

もっと解りやすくもっと簡単にもっと効果的に

キレイと元気は作れるはず!!

 

がんばります(`・ω・´)ゞ

 

 

…今年は年が明けた瞬間から

自分の中の勢いが違うんです(;´Д`)

自分でも振り落とされそうなくらいエネルギッシュ☆

今まで足場を踏み固めてきましたが

ようやく飛び立つときがきたのかもしれません♪

 

 

いつも支えてくれる家族

励ましてくれる友達

応援してくれるお客様

皆様に感謝して

今年も邁進してまいります(`・ω・´)ゞ♡

 

tone-care.com

 

 

 

 

フットケアを『日常』に

先日、接骨院の先生から

巻き爪の手術をされた方のお話をききました。

 

その方は、60代の女性で

腰が痛い、肩が痛い、といいながら

長年その接骨院に通っていたそうです。

そんなあるとき

ひょんなことから巻き爪の手術されたそうなんです。

手術後の落ち着いたころに接骨院の予約をしていたので

しばらくして来院されたそうなんですが、

「巻き爪治ったら体のどこも痛くなくなってしまって…

 さて今日はどうしましょう?」

と言われたそうです(笑)

 

今まで巻き爪が痛くてずっとかばって歩いてらしたんですよね

無意識的に歩行がいつも乱れていたんです

足が痛いと膝や腰や肩や首、そしてココロにも影響がでます

足のトラブルが全身に波及してしまうんです。。

 

 

足はカラダの土台の部分なので

足裏が体に与える影響が大きい!

 

 

巻き爪ってことは

親指の下にティッシュを挟んでるようなもので

ちっとも指が着きません

指が使えていないってことは

体のバランスが不安定ということです(>_<)

 

体を安定させるには

趾(あしゆび)が使えることがポイントです

 

趾を使うとふくらはぎも細くなります(^-^)

え?関係あるの?と思われたかもしれませんが

関係大有りです!!

ふくらはぎが太いとお悩みの方は

足裏を見直すとスルリと改善するかも(´艸`*)

 

 

フットケアとはですね、、

 

フットケアの基本は

足をよく見て キレイに洗うこと

 

と言われています!

 

意外と足って見てないんですよ~

洗うときもササっと済ませちゃう☆

手なら気付くようなトラブルも足に起こっていると気付いてないことよくあります

 

 

足がキレイであることは

キレイな女性でいるためにすごーく大事なことです

 

実際、

素敵だな~♡って思うお客さんの足はキレイです(*^^*)

 

それは単に足の手入れをしているからということではなくて

もっと根本的なところが整っていることを表しています

 

 

卵とニワトリ的ですが(^^;)

足が整っているから身体が整うのか

身体が整っているから足が崩れないのか…

ただ一つ言えることは

互いに影響し合ってるということ

 

 

足はカラダの土台の部分なので

私は足を見直すことは必須だとおもってます

基礎がしっかりしていない家が丈夫なわけありませんから(*^^*)

 

 

まず一度

足の手入れを私にさせてください(*´▽`*)

キレイで軽やかな足はきっと

ココロもカラダもすっきりさせてくれると思います♡

f:id:mihomoriyama:20161108043828j:plain

tone-care.com