爪のための適切な甘皮処理について

ネイルサロンでネイルケアされたことはありますか?

ネイルサロンでいうネイルケアとは主に甘皮周りのお手入れのことで甘皮処理ともいわれます。

 

「甘皮」って?

f:id:mihomoriyama:20150417154359j:plainf:id:mihomoriyama:20150417154413j:plain

 

今回の話で大切な部位の説明から

Aマトリクス(爪母)…爪が作られる部分です。ここが損傷すると爪は生えません。

Gネイルルート(爪根)…爪の始まりの部分

Bネイルフォルド(後爪郭)…爪を根元で固定しているところ。ざっくりとここらへんのお肉のことです。神経も血管も通っているので切れると痛いし血が出ます。

Dエポニキウム(甘皮)…今回の話の主役の甘皮。ネイルフォルドから伸びている皮の部分で切っても痛くありません。

Eルースキューティクル…角化されなかった爪です。爪に張り付いて一緒に伸びてきます。

 

さて本題。

甘皮は後爪郭(こうそうかく)から伸びている皮です。

後爪郭に細菌や異物が入らないように蓋をして守っている大切な部分です。

なんですが、、

広がりすぎたり厚くなりすぐたりするとささくれの原因になりますし、肝心の爪へいくはずの水分や油分を横取りしてしまったりして割れやすくなったり二枚爪になったりします。

f:id:mihomoriyama:20150420144742j:plain

こちらは甘皮が肥厚して硬くなっている状態。このまま甘皮が伸びると皮膚が引っ張られて、乾燥などが加わると剥がれてささくれになります。

f:id:mihomoriyama:20150420145054j:plain

ささくれができているということは乾燥しているということ。

当然爪も乾燥しています。乾燥は二枚爪、割れの原因です。

なので、丈夫でキレイな爪のためには甘皮処理をして保湿をして適切な状態にしておくことが重要です(^-^)

甘皮は爪に張り付いて伸びるのではありません。ルースキューティクルに張り付いて伸びます。ルースキューティクルは爪に張り付いているため、爪が伸びるとそれに密着している甘皮も一緒に伸びます。なので甘皮だけでなくルースキューティクルも適切なところまで取り除く必要がありますね。

 

甘皮の適切な状態とは?

まず2つの画像を見比べてください(*´▽`*)

1、ポケットあり

f:id:mihomoriyama:20150420123040j:plain

2、ポケットなし

f:id:mihomoriyama:20150420123151j:plain

 

1の爪は爪根までしっかり押し上げてルースキューティクルをできるだけ取り除き甘皮もできる限り短くカットした状態です。

2の画像と見比べると、甘皮周りがクッキリしていると思いませんか?これは後爪郭と爪の間にポケットができているから。

この状態はネイルベット(爪のピンクの部分)の見える面積が最大になっていてジェルやアートなどがとっても美しく映えます(^-^)

私たちネイリストの検定やコンテストなどでは爪を美しく見せるためにこのようにネイルケアをすることが求められます。ある程度の経験を積んだネイリストならだいたいこのようにケアすると思います。

 

2の爪は後爪郭にあたるギリギリのところまでしか押し上げておらず、少しの甘皮と後爪郭の内側のルースキューティクルを残してケアしています。ポケットはできていませんので1よりクッキリした感じはありませんね(^-^)ネイルケアに慣れている方は物足りなく感じるかもしれません。

 

当店では2のポケットを作らないケアをしています。

なぜかというとこれが甘皮周りの適切な状態だからです(^-^)

 

どうしてポケットなしのケアが適切だといえるのか?

前述しましたが、甘皮は後爪郭に細菌や異物が入らないように守っている大切な皮です。アトピー性皮膚炎や洗剤などで後爪郭が荒れてしまうと甘皮が生えないことがあり、爪の発育にも影響を及ぼします。

f:id:mihomoriyama:20150420132356j:plain

この写真は洗剤で手が荒れて甘皮が生えなくなってしまった方の爪です。

爪は後爪郭と甘皮の抑えによって本来の方向に真っ直ぐ生えてくることができます。抑えがなくなればどっちの方向に伸びればいいのか分からずボコボコと不安定に生えてくるのです。

 

甘皮にもちゃんと役割があって生えているんですね。

 

続いてケアした日の3日後です。

1’ ポケットありの3日後

f:id:mihomoriyama:20150420134438j:plain

2’ ポケットなしの3日後

f:id:mihomoriyama:20150420134518j:plain

 ポケットありのほうが3日後には毛羽立っているのがわかりますか?

あったものがなくなると不安定になるものです(*´▽`*)

ポケットつくってケアしたほうがくっきりして美しく見えますがその分皮膚の負担も大きいのですね。甘皮とその下のルースキューティクルを残しておいたほうが安定しているので長くキレイを保てますし、爪にとってもGOODです☆

 

「安定している」ということは皮膚にとってケアが適切に行われた証拠ではないでしょうか(^-^)

 

 TPO

「爪をキレイに見せたい。」それは同じ。

ジェルやアートをより美しく見せたいならしっかり甘皮を押し上げて爪の面積を広くしたほうが映えますから、ポケットありのようなケアが良いと思います。ケアした後はしっかりオイルで保湿をして清潔にしていればとくに問題はないでしょう。

ジェルやアートはせずそのままの爪を強く美しくしたいというときは断然甘皮の役割をはたすようにケアしたほうが効果的です。特に仕事や家事で水仕事をよくされる方は乾燥から爪周りを保護する意味でもポケットは作らないほうがいい。

 

 

自然の爪を丈夫に美しくしたいときはそれ相応のケアの仕方があります。

そんなときはぜひケア専門のネイルサロンに足をお運びください(*´▽`*)

 

tone-care.com